毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

明確な意志を持って日々を過ごす

こんにちは、あんです。
最近、マデレーン・オルブライトさんの、大ファンになってしまいました。


可愛い花と蜜蜂のブローチ。マデレーン・オルブライトのコレクションから。


オルブライトさんは、1997年から2001年にかけて、アメリカ合衆国の国務長官を務められた方です。マデレーン・オルブライト - Wikipedia


政治の細かいことについては、私はほとんど関心がありませんが、オルブライトさんが、女性で初めて米国の国務長官に就いたことは知っていました。様々な報道とその外見から、決断力があり、かつ、大きな包容力を持った方だと思っていました。


そのオルブライトさんの、「ピン」のコレクションの展示会が、私のお気に入りの美術館(リージョンオブオーナー)で開かれており、昨日、友人と出かけました。


展示会の題目:Read My Pins <私のピン(のメッセージ)を読みなさい>


「ピン」とは、いわゆる洋服に着けるブローチ。


早い時期から、家族代々引き継ぐ宝石類とともに、ピンやブローチの蒐集をされていたようです。政治に関わるようになられてから、特に国務長官になられてからは、上着の左胸の上あたりに留めるピンやブローチを、様々な意志表示に使っていらっしゃいます。


そういえば、私の持っているオルブライトさんのイメージも、常に濃いめの色のジャケットを着ていて、何かキラキラしたものが、いつも左肩のあたりについている感じ。


展示場は、大きな美術館の中の小ぶりな展示室ひと部屋だけでした。行く前はあまり深く考えず、綺麗なブローチ達をさっくりと観て、さっと一巡したら(30分くらいで)帰ろうと思ってたのに、壁という壁にディスプレイされたキラキラとした美しいピンの数々と詳細、そして、それにまつわるエピソード(ほとんどに写真付き)を見始めたら、もう全てをじっくり鑑賞せずには居られなくなり、結局この一室だけに3時間ほどいたと思います。


この部屋にいた人のほとんどが、私と同じくらいのペースでゆっくり鑑賞していました。あの展示には、私たちの心を強く惹きつける何かがあったと思う。


面白いなと思ったエピソード。核兵器に関するロシアの外務大臣との会談の初日に、このブローチを着けて出席。




このブローチに気づいたロシアの外務大臣の「これはあなたの迎撃ミサイルですか?」という問いかけに対し、「その通りです。そして、あなたもご覧になってお分かりのように、私達(米国)は迎撃ミサイルをとても小さく作る方法も知っているのですよ。ですから、あなた方(ロシア)は、(米国と)折り合いをつける準備をされた方がいいですよ。」


このピンは、ちょっとキッチュな可愛い感じですが、ラインストーンが散りばめられた優美な物からコミカルな感じの物まで、全部で200以上のピンが展示してありました。


展示室を出て、友人と感想を話し合っていて気づいたこと。ピンやブローチは、おそらく朝出かける前や前の晩に、当日身に付ける物を吟味されていたはず。つまり、オルブライトさんは、当日のご自身の言動について、常に明確なビジョンを朝一番(もしくは前日)から持っていたということではないか。国務長官という職業を考えれば当たり前でしょうけれど、身の周りからのいろいろな情報に、四六時中振り回されて日々を過ごしている一般人の私は、尊敬の眼差しに改めて力が入ったのでした。


気に入ったエピソードの写真をもう2点ほど。




今日のリリィ。雨でしたが、おかげで少し暖かい日でした。窓辺でまったりするリリィ。



それでは皆様、今日も良い1日になりますように。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。