毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

感謝・良い事を10個数える

こんにちは、あんです。


クイック記事です。書きたい!と思ったので。


行動を起こす、どこかへ行く、誰かに会う、そういう時に、その対象について感謝できることや良い事を10個数えると、スムーズに物事が進みます。


私がこれを、よく人と会う時に行います。


お友達に会う:
そのお友達の好きなところを10個数える。(もちろんもっと出てきます。きっと出てくれば出てくるほど良いと思う。)
そのお友達とのミーティングの時間が楽しく過ごせることは間違いなし。


最近気づいたのですが、これを、「あ、今ちょっとなんかやばいかも」と思っている時にやると、ころっと事柄が好転することに気づきました。


気づきました、というよりも、当たり前といえば、当たり前なのかもしれないのですが、感謝を考えると、ほぼ『間違いなく』好転することに気づいたのです。


先日作った大きなブーケ。春らしい花が増えてきて楽しい。


よく気がつくようになったのは、仕事が立て込む時。ブーケ作成の依頼が立て込むと、待たせちゃいけないと、焦ってしまいそうになる。そんな時に、意識的に良いことを考える。


良い色合わせの花だなあ
いい匂いだなあ
こんな花に触れるなんて私はラッキーだなあ
(お客さんは)きっとワクワクしてブーケが出来上がるのを待ってくれてるんだなあ
ものすごい喜んでくれるなあ
笑顔がいっぱいだろうなあ
もしかしたら、すごく喜んでありがとう!って言ってくれるかもしれないな


なんでもいいので、とにかく良いことを考える。


よくない現実を想像すれば、いくらでもできるのです。お客さんが待ちくたびれて、怒って、クレームをつけるかもしれない。扱っている花の束を何かのはずみに落とすかもしれない。目の前の美しいバラの花の首が、何かの加減でぽろっと取れるかもしれない。


きっと、そういうよくないことを考えていると、その通りになる。バラの首は取れ、手から花束がバラバラと落ち、それを見たお客さんから落胆のため息…


そうではなくて!


ああ、今私はノリにのって花束を作っている。もう、パフォーマンスをしているかのごとくw。花の茎を一本一本足す度に、ブーケの美しさが増して行く。出来上がったブーケを、満面の笑みで受け取るお客さんの顔。花束を渡した後、幸せな満足感に包まれて、床におちた葉っぱや茎を豪快に掃除する(この瞬間が私はかなり好きです)。


クイックに書いたので話の筋が通っているかな?


また書き直すかもしれませんが、今はとりあえずこの感じで。伝わっていれば嬉しいです!









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。