毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

紫陽花の絵を描いてみる

こんにちは、あんです。



ゴールデンゲートパークで見つけた紫陽花です。くっきりした白が清々しく、がく(花のように見えるもの)の一枚一枚の形が可愛い。


こんな初々しい紫陽花もありました。



自己流で水彩画を描いています。
とても楽しいです。


実は、もう随分前から、紫陽花の絵を描こうと思っていました。


ブログにポストしていらっしゃる絵に触発されて、あああっ私も描こう!と思ってからもう数週間。(そのブログ記事、ここにご紹介してしまいます。)



告白します。紫陽花は、私には(まだ)描くのが大変でした。


紫陽花は、小さな花のように見える「がく」の集合体。「がく」には花びらのように見えるパーツが、基本それぞれ4枚あります。それが無数に集まって、ぎゅっと花束になったような形態。「がく」のその4枚のパーツが、押し合いへし合いになって、あっちへ曲がったりこっちへ曲がったり、表情がそれぞれ違う。しかも、そのパーツそのものも、よ〜く見ると筋がたくさん走っていてディテールに富み、色合いも真珠のパウダーがかかっているような繊細な光に満ちている。


眺めていれば、もう永遠に眺めていられるくらい美しい。描いてみたいと思いました。


その形態から「難しいかな」と弱腰だったのを、勇気を出して下絵から描き始めたのですが。


やっぱり〜


思うように描けない〜


描けない〜


描けない〜


下絵の段階でとても手間取ってしまったので、もう思い切って色をつける事にしましたが、ああああもう難しい。絵を描くのって、こんなに大変だったのか。もう…今後水彩画を続けていくのが…


ますます楽しみになってしまいました!(はははっ!)


と、いう事で、まだ完成してないのですが、もしかしてこれは完成しないかもと思うので、現時点での写真を、ここにポストする事に決めました。


色はプライマリー(三原色)だけを使って。色作りも楽しい。無限の可能性です。


ああああ〜。ちょっと、やっぱり、今回は失敗かなあ。
失敗は成功のもとですね。次に繋げます。


絵については夢があります。数年前に女の子の猫を亡くしましたが、この子は完全に室内飼いでした。例えばワンちゃんのように、一緒に外出して自然を眺める、という経験はしませんでした。でも多分この子はお花が好きだったなあと今でも思っています。ベランダなどへ出て花の匂いを嗅いだり、よくやっていました。


絵を描き始めた時、絵の中で、この子を自然の中へ連れて行ってやれるなと思いました。花の絵を描くのも、その練習です。


最近やっと、この子のパターンを描き始めました。昔撮った写真を元に。今の写真に比べると不鮮明で、なかなか大変ですが。



亡くなる前日、パティオに出してやったら、買ったばかりでまだ鉢を替える間もなかったマダガスカルジャスミンのそばへすぐに寄って行って、気持ち良さそうに花に顔を向け、そよ風に当たっていました。その表情を、私は多分、ずっと忘れないと思います。


出来上がったパターン#1


この子のいろんな表情のパターンを準備して、様々な花や緑とともに描いていくのが夢です。


今日は、お姉ちゃんの写真を出しましたので、リリィはお休みします。元気です〜!今日も肌寒く、ブランケットに潜っています。


最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
今日も良い日でありますように。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。