毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

小豆を炊く

こんにちは、あんです。



昨日、小豆を炊きました。


2年前に買った小豆です。いつか煮よう煮ようと思ってたら、いつの間にか2年が経っていました。


こちらで買う乾燥豆は、日本から来た物でも、柔らかく煮るのに失敗することが、結構あります。私の堪え性が足りないのに加え、空気が乾燥しているのも原因かなと思います。味をつけた後に、いまひとつ柔らかくないのに気づき、「私は硬めに炊きたかったのだ」と自分に言い訳をすることがしょっちゅう。


昨日は外出の予定がなかったので、家でまったりとしていました。ずっと絵を描いたり動画を聴いたりしていましたが、午後になって、ふと何か甘いものが欲しくなった。


このところ自己最適体重を2キロほどオーバーしているので、甘いペストリー類の買い置きをしていませんでした。


何か甘いもの…


少し肌寒い曇り空を眺めていて、思いつきました。そうだ、こんな日はのんびり豆を煮るのがいいんだなあ。


小豆は確か、一晩水につけなくても、いいんだよな。そうだ、小豆を炊こう。


そして、がさごそとストックを入れているカゴを探り、出て来たのがこの2年前に買った小豆。


多少古くて、固く炊けても、いいや。ぽりぽりと食べたらいいのよ。少しお砂糖を入れて、うす甘い豆を、この外国の地でいただくのもいいんじゃない。などと自分に話しかけながら、でも、今回は根気強く、ゆっくり煮てみよう、と思いました。


そして、二回茹でこぼした後、茹でること1時間ほど。指では潰れないけど、もう食べたら美味しい、というところまで行ったのを、もう一踏ん張りして、さらに1時間、ごく弱火で放っておいたら、なんと、指で潰れるくらいまで、綺麗に柔らかく炊きあがってました。


そこへ、ライトブラウンシュガーを優しく加えて。お鍋をそおっと揺すってお砂糖を混ぜて。火を止めて蓋をしてしばらくおいて。


米国へ来て初めてか、と思うくらい、美味しく小豆が炊けました。


温かいのを少しいただく。ここに焼いたお餅を入れてもいい。妄想が膨らみます。


小分けにする容器がなかったので、昨夜は鍋のまま冷蔵庫へ。冷たい小豆に白玉を入れるのもいいなあ。また妄想。


そして今日、お昼過ぎ小腹が空いた時に、この小豆のことを思い出しました。今日は昨日よりは気温が高め。冷たい小豆が、美味しいかも。


鍋を冷蔵庫から出して、お行儀が悪いですがお鍋から直にスプーンですくって、試しにひと口。


美味しいいいいい。


日本人として生まれて、こういう甘みが理解できるように育ててもらって、本当に良かったなあ、と思う瞬間です。


*************


おまけの写真。



紫陽花の絵を、木曜日から再挑戦しました。今度は焦らないように焦らないように、丁寧に丁寧に。構図もちゃんと考えて。筆を持つ指が疲れたら、ちゃんと休んで。目も疲れるので時々遠くを見たりしながら。途中で小豆を炊いたりしながら。


まだ完成ではないですが、今回は方向性が見えてきました。本当に何事も、練習(根気も)あるのみ、ですね。


細かく描き込んでいくのが、やってると瞑想をしているみたいで、気持ちよくはまります。このまま続けると、描き込み過ぎそうなので、一旦置くことにしました。続きはまた今度。


この細かく描く感覚を忘れないうちに、猫の絵に取り掛かろうと思います。


*************


今日のリリィ。



朝のベッドでビヨーンと伸びているリリィ。まだ眠そうに目がとろりとしている。


人間がベッドを去った後の、彼のお気に入りスポットです。もうしばらくすると、「そろそろベッドメイクをして、その上にブランケットを広げてくれろ」とお願いが入ります。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
今日も良い1日になりますように。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。