毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

平常心に戻る

こんにちは、あんです。


ベッドでママがくるのを待っている。


今日も寒いです。今朝の最低気温は3度くらい。就寝中は、安全のためと乾燥しすぎを防ぐために暖房を全て切ってしまうので、朝にはベッドの中の湯たんぽもすっかり冷えているくらい、室温が下がります。ベッドの中の、自分のいるところしか暖かくない。身動きをすると、ひんやりしたシーツに身体が触れて寒い。


リリィは起きる気満々なので、冷たい鼻の押し付け攻撃をしてきたり、バタバタバタッと走り回ったりと、私の起床を促します。それでは、と、思い切って布団を大きくめくって起き上がり、手早く服を着て、家中の窓を開けて回る。ひゃー寒い。


窓を開けながら家を一周したら、そのままもう一周して窓を閉めて回ります。そして、リビングとキッチンの暖房をつけ、お薬缶を新鮮なお水で満たして、火にかけます。これが、私のこのところの1日の始まりです。


12月の初めに記事にした、この冬の4つの寒さ対策項目のうち、湯たんぽと火にかけっぱなしにするお薬缶は、すっかり我が家の定番になりました。



お薬缶を火にかけているのといないのとでは、部屋のぬくもり感が全然違います。また、白湯を飲む習慣も継続しているので、いつでもお薬缶に白湯ができていて、こちらも嬉しい。


また、今年は本当に、湯たんぽを備えていて良かったと思います。お風呂から出たら、キッチンで一日中火にかかっているお薬缶のお湯を使って湯たんぽを準備し、ベッドのちょうどお尻がくるあたりに突っ込む。就寝前の白湯を飲んだり、パラパラと本をめくったりして入眠儀式を済ませたら、暖房と電気を消し、湯たんぽでほっこりとなったベッドに潜り込んで、リリィを脇のあたりに引きずり込む。湯たんぽをゆっくりと足元の方へ押しやって、幸せな眠りにつきます。


車のフロントグラス越しに撮った夕焼け。太平洋です。「ああ、あの向こうは日本だなあ」といつも思います。


昨日クリスマスが終わり、世の中はすっかり元どおりになっています。お勤めをしている方はお勤めに戻り、公共機関やお店・病院などは通常営業に戻って、皆さん平常心です。この感覚って、ちょうど日本の年明けの感じに似ていると思いました。


私も、クリスマスの飾りはまだ外しませんが、もうライトはつけず、心を落ち着けて、粛々と丁寧なお掃除をしたり、今年やり残したことを振り返ったりしながら、年越しを迎えようと思っています。



今日のリリィ。2日外出をしなかったからか、すっかり甘えん坊の抱っこちゃんになってしまいました。




それでは皆様、今日も良い1日になりますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。