毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

猫の三回忌

こんにちは、あんです。

9月8日、テスの命日でした。


2年前です。体感ではどう考えても2年以上過ぎてると思うのに、お正月の数を数えたら、やっぱりまだ2年。


テスとの最後の半年ほどは、私のこれまでの人生でほぼ初めて大きな波がどおおんと押し寄せたんじゃないかと思うくらいなんだかいろんな事を大変に感じてた時。テスの死で何かが大きくシフトし、まず物理的な生活が大きく変わり、その後は気持ち的な事がアップダウンをしながらもだんだん落ち着いて、気がつけば毎日とても満足感のある、いつもこのブログでお伝えしているようにのほほん幸せ〜な気持ちを持つようになっていました。


テスが、私の抱えていたちょっと重いものを、ひょいっと抱えて持って行ってくれたのかもしれません。それも、重い〜って言いながら持って行ったのではなく、きっと、も〜このくらいへっちゃらじゃん、大袈裟やねえままは〜と言いながら軽々と持って行った気がするなあ。(今書いていて、ままは大袈裟〜って、ぜったい言われてるなあと思った笑。)


10歳くらいの完璧元気だった時のテスです。



ベッドにいるリリィのそばへ座って、お姉ちゃん(テス)との思い出を話かけていたら、私との間に少し間をあけて座り、私の顔をじっと見上げて聞いてくれてました。いつもならぴったり真横にくるか膝に乗ってくるのに、まるでテスの場所の分を空けてるみたい。


いえ、たまたまそこには座りたくなくて、なんか言ってるよってぼーっと見てただけに違いないですけど笑。でも、動物はほんと不思議で、どの子を見てても、人間には(少なくとも私には)わからない何かを感じ取っている気がします。ですから、もしかしたらテスの意識はこの辺りに満ち溢れ、リリィは当たり前のようにその意識と交信しているかもしれず。


今日はずっと何を書こうかと、もういい加減死んだ猫の話はいいよ〜と思ったりして、他の話題を書き始めては手を止め、というのを何度も繰り返していましたが、やっぱり今日はテスの事を書いてよかったです。さっきこれをポストしようと思ったら、ムラゴンのメンテが始まっていて出来なくてちょっとひるみましたが、やっぱり今日はこの話をポストすることにします。


最後まで読んでくださってありがとうございました。


皆様、今日も穏やかな良い1日をお過ごしになりますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。