毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

また空焚き(いい加減にやめよう)

こんにちは、あんです。



久しぶりに、ゆっくり近所の通りを歩きました。桜のような樹に花がついて、風に揺られていたのが印象的でした。


野田琺瑯のポトルがとても気に入って、そろそろレビューを書こうと思った昨夜、また、空焚きをしてしまいました。今度はお水だけを沸かしていたので、変な焦げかたをするなどの大事には至らなかったのですが、ちょっと、かなり、自分が信じられないなあと思ってしまう。


このところ、リリィと一緒に南の部屋(家の中ではキッチンから正反対の場所)で過ごす時間が増え、リリィもそれを当たり前に思っているのか、キッチンで調理をしたり洗い物をしていると、やたらと鳴いては南の部屋に来るように催促をします。南の部屋へ行き、コーヒーテーブルの前のフロアラグに座れば、リリィは私の右足の横に座り、ちょうど私の右足の裏あたりに前足をもたせかかるようにして座り、ぐるぐると言いながら眠ってしまう。そうなるとこちらも、なかなか立ち上がることができず、そのままネットをしたり書き物をしながら、座り続けることになります。


 

私が座るコーヒーテーブル前のボルスターの横で待ち構えるリリィ。


昨夜ポトルを空焚きしたのも、南の部屋に座ってネットで調べ物をするために、飲み物に白湯が欲しいなと思ってポトルを火にかけたのが、事の始まり。その後すぐに南の部屋へ行き、ひとまず座ってネットにアクセスをし、リリィが横に座ってしっかり私の右足を確保したこと、そしてつい私自身もネットに集中してしまったことで、周りが暗くなるまでずっと南の部屋に座り続けました。一段落したところですっかり暗くなったキッチンへ足を運び(もうすっかりポトルを火にかけていたことは忘れている)、暗い中にガスの光がほのぼのと浮かび上がるのを見つけてしまった。


幸い、しっかり冷まして手入れをしたら綺麗になり、今朝から通常の使用を再開していますが、この度重なる空焚き、それこそトラウマになってしまいそうです。


(しかも今朝は、コーヒーを淹れる際に使っている薄手のガラスの容器を、洗い物をしている際にうっかり倒してしまって、硬いタイルに倒れたガラスは、あえなく割れてしまいました。でも、「よし、これを機に、とびきりお気に入りとなるコーヒーメーカーを手に入れよう。これはきっと、素敵なコーヒーメーカーを探しなさい、という、神か何かからの啓示だわ」とすぐに思い直し、私もだいぶしぶとくなってきたなあ、と思った次第。)


ところで野田琺瑯のポトルですが、使い心地は抜群です。琺瑯は、ステンレスと違って、常に丁寧に扱おうとする心構えを覚えることからして、ちょっと一味違う感じ。白湯も、ステンレスで準備した時よりも、味がまろやかに思えるのは気のせいでしょうか。
このポトルの形状上、取っ手が動き回らないので取り扱っている途中で金属音がせず、それもなんだか心が落ち着く感じに繋がっているようです。


ポトルでコーヒーを淹れるのも、私はお湯が注ぎやすいと思います。コーヒーを淹れる際には、もっと細い注ぎ口でお湯を注ぎたい方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこれで十分。(ああ、それにしても、コーヒーメーカー用にしていた容器を割ってしまったんだわと、また思い出してしまった…)


どうも、やっていることが上の空になりがちな今日この頃です。でも、あまり自分を責めず、ふわーっと心地よい気分をできるだけ持続させて、1日1日を楽しみながら過ごしていこうと思っています。


今日のリリィ。


夢見るリリィ。


リリィはとにかく、いつもご機嫌。ぐるぐる言いながらぐうっと体を伸ばしている姿や、丸まってくちゃくちゃ寝言を言っている姿など、もう見かける度に愛しさで涙が出そうになります。先程も、彼にしては珍しく、寝ながらプッとおならをしてました。(いや〜ちょっとその無防備さはありえないなあ…)


では皆様、今日も良い1日をお過ごしください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。