毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

光溢れる朝です

こんにちは、あんです。



6月1日。


鳥のさえずりが弾けるように賑やかな朝です。
遠くからはフリーウェイの音が聞こえるけど、それほど気にならない。



窓には猫。うっかり布類を折りたたんだものを窓辺に置いていたら、気がつけばリリィが当然のように上に乗って、今はくるっと丸まって寝ています。



目の前には溢れるばかりに開いたペオニーの花。触ると崩れるかもしれないので触れない。実はペオニーはワンニャンには危険な植物。うっかり花びらを床に落とさないように気をつけなければ。


朝食は、小松菜とお豆腐のお味噌汁と玄米ごはん、大粒の梅干し付き、そして美味しい玄米茶。


今が旬の新鮮なラズベリーとチェリー。ラズベリーにはとろりとしたヨーグルトを添えると、これ以上のデザートはないと思う。先日からずっと軽くいがらっぽい喉にヨーグルトが気持ち良くて、するすると全部食べてしまった。100カロリーですって。まあ良いでしょう。




お久しぶりです。しばらくばたばたとしておりましたが、落ち着きました。


またサンフランシスコに帰ってきました。長くベイエリアに住んで色々と引っ越しもしましたが、元いた街に戻りたいと思ったのは今回が初めて。3年間住んで、よほど心地よかったということだと思います。


サンフランシスコに住み始めてすぐに車を手放したので、今更郊外に住むには不便というのもあります。ここでも車があれば便利だとは思いますが、今はアプリからタクシーがオーダーできてすぐ来てくれるし、のんびりとバスや電車に乗ってもいい。


今の住居も、以前いたノブヒルの天空のアパートメントとはまた違った感じの、見晴らしの良いところにあります。天空のは西向きで夕日が綺麗に見えていましたが、ここは東向き。朝日が見えます。日の出が見られる場所に住むのは生まれて初めてかもしれない。日の出が見える、ということに気がついたときにまず思ったことは、「初日の出が見られる」。我ながら日本人だなーと思いましたw ほとんどパブロフです。刷り込みってすごい。


見晴らしが良い、ということは、周りは坂だらけ。近くのバス停へ行くのに一山越えます(たった数ブロックですが)。帰宅はタクシーが多いですが、リーズナブルな設定でオーダーすると最寄りの場所に落としてくれるので(つまり家の真正面までは行ってくれないので)、たまにドロップ地点から家まで一山越える事もあります。玄関にたどり着く直前まで運動。負荷のかかる運動は体に良いはずw


お天気の良い日に遠くを眺めながら下り坂を歩いていると、日本のどこかの、海に近く坂の多い小さな街にいるような錯覚を覚えます。遠くの湾に大きな貨物船が止まっているのが霞んで見える。自分の周りは太陽の光が反射して眩しい。喧騒が遠くから聞こえる。穏やかな穏やかな情景。



また、ポツリポツリと、ブログを再開したいと思います。覗きにいらしていただければ嬉しいです。


今日も皆さまの1日が、光溢れる良い日になりますように。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。