毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

花に囲まれて過ごす

こんにちは、あんです。


1月2日から、花屋で働き始めました。


店先に並べた蘭の鉢。隙間なく並べた鉢も、3日ほどでローテーションしてしまう。


去年の12月半ばまでは考えてもいなかった就職先でした。それが、急に思いつき、よく考えたらなかなかいいアイディアだと思い始め、履歴書を出したり、店先まで見学に(偵察にw)行ったりし、その後面接の電話をいただいて出かけて行ったら、即採用。ちょうど冬至の日でした。


昨年末の冬至の日には、何か大きな変化を感じた方も多いのではと思います。私の場合、その日が冬至だとはわかっていたのですが、面接を受けその場で採用という話を聞き、耳を疑いつつそれこそスキップしながら帰路に着き、自宅についてしばらくしてから、ああ今日は冬至なんだ、やはり大きな変化があった!と我に返ったという感じでした。


大手スーパーマーケットのフローラルのセクションが私の仕事場です。これまで花屋どころかリーテイルの仕事は一切やったことがありませんので、ピッカピカの一年生です。


二日間の超楽勝のオリエンテーションが終わったら、まずは朝番の仕事のトレーニング。出勤時間は6時。まじですかって感じですが、無事第1週目をやり終えました。ただ、朝なので寒いし、お水をずっと触るし、雨の日もあったしで、


バッチリ風邪をひきました。


3日間のお休み中に、絶対に完治しなければならない。今日がその3日目。少し微熱があってそのせいで偏頭痛がするのと少し咳が残っているのを除けば、明日からの出勤準備はおっけいです。


なんでいきなり3日間ものお休みかなあと思っていたのですが、ここあたりできっと風邪をひくか何かしらでダウンするぞ、という想定だったのかもしれません。


毎日フレッシュな空気と花の香りに囲まれているのが嬉しいのと、猛スピードでいろいろな作業をこなしていくというそのこと自体も新鮮で、世の中にはこんなに楽しい職業があったのかと、驚くというか何というか、言葉に言い表すことができません。


なぜ花屋なのか、とか、花屋はどういうことをするのか、とか、なぜそんなに楽しいのか、とか、もう書きたいことが山のようにあります。続きを乞うご期待〜。


では、今日はさっさと寝ます〜明日は4時起きです。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。