毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

自分の中に愛を育てる

こんにちは、あんです。


今日はまた、呼吸について書きたいと思います。


『自分の心のコップを満たす呼吸』


自分の心のコップを満たしていないと、自分以外の人の心を助けてあげられない。だから、まず、自分のコップを満たす。



先日、久しぶりにYoutubeビデオと共に家ヨガをやった際に、思いがけずそのことについて語られていて、とても心に響きました。ぜひシェアしたいと思いました。


以下、私の言葉での要約です。直訳ではありません。
心のコップを満たすことに特化できるように、少し順番なども変えてありますのでご了解ください。



自分の心のコップを満たし、そのコップが溢れるほど満たされたら、自分以外の人を助けることができます。


まず、自分が1番心地よいと感じる場所に、座ってください。横になってもいいです。


急がず、ゆっくり。


大地から、支えられていると感じられるまで、ゆっくりと時間をとってください。


自分を信じてください。
自分が今行っていることが、今の自分にとって1番良いことなのだと、信じましょう。


鼻からゆっくり息を吸います。


鼻からゆっくり息を吐きます。


支えられていると感じられたら、目を閉じてください。


ゆっくりと呼吸を続けて。


息を吐くときに、肩の力を抜きましょう。


何が自分にとって心地よいかを、思い出してください。


私たちは、母なる地球に支えられています。


そこには、大きな愛、慈しみがあります。


手を、胸の前で合わせてください。


ゆっくりと息を吸いながら、愛を身体の中に吸収しましょう。


ゆっくりと吐いて。(鼻からでも口からでも良いです)


何度か繰り返しましょう。


次に、息を吸い込んだら、少しだけ息を止めて、吸収した愛を、身体の中に循環させるイメージをしてみましょう。


ゆっくりと口から息を吐いてください。大きくため息をつくように、はああああっと。その時、身体の中に循環させた愛を、身体の外へと出してあげましょう。


またゆっくりと、愛を吸い込んでください。


充分吸ったら、息を止めて、身体の中で循環させます。


そして、ゆっくりと愛を吐き出す。


この繰り返しです。


世の中の、全ての美しい人たちや、ペットのことを思い出しましょう。


私たちは、独りではないことを思い出しましょう。


こうやって、自分の中に、愛を育ててあげましょう。


そして、その愛を、呼吸と共に外へ出します。そうやって、この世に愛が溢れていくことをイメージしましょう。


最後は、顎を引いて、少しだけ頭を垂れ、感謝の気持ちを持って、ゆっくりと目を開けます。



そのヨガのビデオです。ご参考までに。



皆様の今日が良いものでありますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。