毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

9月のかみなり

こんにちは、あんです。


明るい太陽の下で、小さい蜂がいっぱい。


9月も半ばになりました。初秋、のはずですが…こちらは、9月と言えばインディアンサマー。8月末の週末にあった猛烈なヒートウェーブ(最高気温は45度くらい)に始まって、現在8月よりも暑い日が続いています。


8月は、霧が多くてとても寒かったのです。それがサンフランシスコでは例年通りということで、暑いのが苦手な私は喜んでいました。(去年と一昨年は、異常気象で8月がとっても暑かった。)


今年の8月があんまり寒かったので、「少しくらいのインディアンサマーなんて、平気さ」と思っていましたが、現在、太陽が斜めに差し始めた時期に気温が高いのも、西向きの部屋に住んでいる私にとっては、ちょっと大変です。


先週のある日、夕方から夜半にかけて、すごい雷雨、というか、稲光がありました。



この辺りでは、雷雨といっても、主に稲光がメイン。ゴロゴロという音は可愛いもので(ほとんどブツブツ言ってるくらい)、雨も、日本でいえばにわか雨程度。ただ今回はその稲光が、凄かったです。


空中を、無数の龍が駆け抜けているような感じ。くるくるっと回ったり、右から左から、横にギザギザが広がったり。落雷は、空から地面に向けて、暗い空を切り裂くように稲光が突き抜ける。


それが、見ている間に、ほとんど2秒おきくらいで、見渡す限りの空のあらゆる所で、次々と起こっていました。ちょっとした光のショーでした。雷好きの私は、窓にへばりつくようにして見ていました。


日本だったら、これだけ稲光がしてたら、雷の音はものすごいだろうなあと、それだけが物足りなかったです。


リリィはただでさえ大きな音が苦手。あまりのことに、自ら、窓から1番遠いバスルームに避難してしまいました。


バスルームに敷いてやったタオルの上で、そのまま寝てしまったリリィ。


あまり稲光が長く続くので、途中で見物を諦めてお風呂をとったら、その間に光のショーは終了。ちょっと私は残念。


まだバスルームで体を硬くしているリリィを抱き上げて、ベッドへ連れてきました。もう何も音はしていないのに、私が掴んでいないと、バスルームへ逃げようとします。それでもおそらく私が寝ている間は私のそばにいた様子です。やっぱりママのそばは安心ですか?嬉しいうふふ。


翌朝、私の起床とともに、リリィが再度バスルームへ避難を始めたのも可愛かった。(外はすっかり晴れておりますが…)よっぽど怖かったんでしょう。


気の済むまで避難をしてもらい、午後になって、ようやくもう雷は帰ってこないと納得して出ていらっしゃいました。その後はベッドの上でリラックス。大変な日だったねリリィちゃん。



リネンのタオルの上でくるり。



こちらは今朝のリリィ。小鳥さんのビデオを見てちょっとご機嫌



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
皆様の1日が、平安で幸せなものでありますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。