毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

バーバーのアダージョ

こんにちは、あんです。
超音オタクな話です。


数日前、突然『バーバーのアダージョ』が聴きたくなりました。深く考えず、ある楽団の録音を、ダウンロードをして聴きました。


私の大好きな楽団と著名な指揮者のカップリング、当然良い演奏だろうと思ったのです。


『バーバーのアダージョ』は、弦楽器だけで演奏される10分ほどの小品で、その昔『プラトーン』というベトナム戦争を題材にした映画に使用され、日本でも一般に広く知られるようになりました。私もこの曲に初めて触れたのは、その映画を通してでした。
弦楽のためのアダージョ - Wikipedia


曲が3分の2ほど進んだあたりでクライマックスに達しますが、その時に使われているコード(和音)とコード進行が、聴覚を通して思い切り人の心を揺さぶります。
和音 - Wikipedia


私がこの曲を聞くのは、このクライマックスが聴きたいから。それを聴いて恍惚感に浸りたい。


ところが、期待を裏切り、この録音では恍惚感を得られませんでした。なんと!、それらの重要なコードが、ハモっていない


すぐ止めて、もう一回その箇所を聞きましたが、やっぱりハモっていません。(だから録音って恐ろしいんですよね。)


まあ、購入してしまったものは仕方がない。勉強代だと思って諦めますが、でも、このままでは私は欲求不満です。早速、望む録音を探して検索を開始しました。


「バーバーのアダージョ、名演奏」などで検索。色々出てきましたが、CD販売のサイトを通してでは、この重要な箇所の視聴は無理のようです。(やはり、ここがネックだということを知っているのでしょうね。一番大事なところは買ってからのお楽しみということか〜。)


らちがあかないので、音質は期待できないかなと思いつつ、動画を検索してみました。動画で確認してちゃんとハモっていたら、そのCDを探してダウンロードすればいいかなあと思ったわけです。


そして、衝撃の事実が。


幾つか、名演と言われる演奏の動画を聴きましたが、軒並みハモってないのです。


そして、なんだか納得してしまいました。そうか、難しいんだ。


数十人の弦楽器奏者が、一緒に演奏をしています。
もちろんみなさんプロですので、ハモらせる方法は分かっているはずなのです。


この曲は、聴いている方はもちろんですが、演奏している方も、ものすごい恍惚感に襲われると思います。ほぼ最大音量で、ビブラートも最大、弦を押さえる腕も大きく動いている。そんな状況下で、数十人の奏でる音がピッタリとハモるコードを創り出すのは、それこそ人智を超えた奇跡のような状態なのでしょう。


こちらは、バーンスタイン指揮、ロサンゼルスフィルハーモニックオーケストラの演奏です 。6:30から7:00あたりにクライマックスがきます。奇跡の演奏だと思います。



CDをダウンロードしようかと思いましたが。この一曲だけの購入はできないことがわかったので、見送りました。その代わりこの動画を、オフラインでも聴けるようにダウンロードしました。



今日のリリィ。


この記事を書きながら、特にLAフィルの動画のクライマックスのタイミングを計るのに集中してたら、遠くから小さなミャオが。



我が家で一番権力のあるリリィ様が、バスルームでのお水をご所望です。
全てを放り出して馳せ参じ、蛇口からちょろちょろと出す水を両手で受けて、そこから飲んでいただきます。


リリィは溜めてあるお水よりも、流れている新鮮なお水が好き。しかも、手で受けたお水を飲む癖をつけてしまったのは、私の責任でした。ずっとやっていると手が冷た〜くなってしまうのですが、時々リリィの可愛い舌が手のひらに触れるのが、嬉しいというかなんというか。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。
今日も良い1日になりますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。