毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

眠りにつく前の優しい5分間

こんにちは、あんです。


今日はちょっと落ち着いて、最近の心、気持ちなどについて。(お家クリスマスの準備は、続いてます。)


先週月曜日の、ほぼ満月。


今朝も冷え込みました。最低気温が摂氏3度くらい。冬至を目前に控え、おそらく今は一年で1番、太陽からの恩恵を受けにくい時期なのかなあと思います。太陽からのエネルギーを、溜めておきにくい時期というべきか。お天気の良い日中、太陽の熱をたくさん受け取って温まったはずの物が、長い夜の間に冷え切っていく。その繰り返し。


この秋から冬にかけては、月のパワーを感じています。今年は特に月が地球に接近しているので、満月の夜はもちろん、半月や三日月の夜も、何度その大きさに気づいては息を飲む思いをしたか。太陽と違って月は裸眼で見つめることが可能なので、その白い光の美しさを堪能する。


10月半ばに、吸い込まれるような白い花の写真に惹かれて、記事の内容も読まずに、そのページを雑誌から取り出した事がありました。その後ゆっくりそのページを眺めていて、記事が日常の過ごし方に関する事で、著名なヨギ(ヨガをする人)が描いていらっしゃることを知りました。なんだか感動したその時の、ブログの記事です。



同じ雑誌の12月号に、同じ方の記事を見つけました。シンプルだけど大切な、日常の小さな気づきのきっかけになるような、なんとも読んで心が休まるような内容です。


記事はこんな感じで始まっています: 「忙しく走り回っているこの時期、眠りにつく前に5分間、自分の体の中で『一番の働き者』を助けてあげましょう」(以下、ほとんど直訳です。)


「体の中で1番の働き者といえば、あなたの足ではないでしょうか。


まず、心地よく座ります。両手で片方の足をつかみ、足首をゆっくりと回します。この動きは、足首、足、ふくらはぎに停滞した水分を移動させ、むくみを軽減させます。


あなたの呼吸に意識を向けてください。足を丁寧に扱ってあげたら、呼吸が変わりませんでしたか?


ゆっくりと、丹念に、足首へのマッサージを続けます。


次に、両手の親指でかかとを押し、小さな丸を描くように動かしてください。そして、指を足の土踏まずに沿って、つま先まで滑らせます。足の指を一本づつ持って、締め付け、回します。


もう一度、呼吸に意識を向けましょう。この一連の落ち着いた、小さな、優しい動きによって、呼吸の「吸う、吐く」のそれぞれが、長く、ゆっくりになっています。


さらに、足首の内側から爪先に向けて、長く、強めにさすってください。
最後に、アキレス腱を、親指と人差し指を使って、絞るようにマッサージ。


反対側の足も、同様におこないます。
両方の足が終わったら、足の下に枕などを置いて高くして、横になります。


手をお腹の上に置いて休ませます。長く、ゆっくりとした呼吸を4回繰り返します。その際に、まるでその呼吸が、あなたのつま先を内側からマッサージしていると想像してください。


生まれ変わった、リラックスした、感覚を味わいましょう。
眠りに落ちながら、あなたの神経系が、あなたに感謝しますよ」


記事の写真です。


今日のリリィ。さっきまでご機嫌で話しかけて来てたのが急に静かになったと思ったら、お気に入りのダウンブランケットに潜り込んでいました。ぐるぐると言いながら、とろりとした目で、私を見つめてくれる。




では皆様、今日も良い1日になりますように。どうぞ暖かくしてお過ごしください。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。