毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

旅先でも床に座る

こんにちは、あんです。



帰りの飛行機から、ハワイのシンボル的存在のダイヤモンドヘッドが、上から見えました。飛行機に乗るの大好き。そもそも飛行場が好きです。近くにあれば日常的にお散歩に出かけたいと思うくらい。(まろかんさん、いつも飛行場へお散歩に出かけていらして、「いいなあ〜」と思って読ませていただいています。)


先日のハワイ滞在は1週間でした。準備を始めるにあたって家人に釘を刺されたのは、「荷物は機内持ち込みできる範囲にまとめる」こと。空港の混雑による荷物の紛失を避けるのが理由です。(米国ではこの感謝祭の時期が、一年で1番、日本のお盆や年末年始のような、猛烈な交通ラッシュになります。)


この前にスーツケースをまとめたのは、年末年始の日本への帰省。行き先が寒い日本なので、どうしても服が嵩張ります。スーツケースは当然のように預け入れをしました。それに比べると、今回は行き先が暖かいところで服は嵩張らないし、肌断食のおかげで、身支度の細々とした道具も減っている。


「機内持ち込みの範囲内の荷物の準備」なんて、楽勝さ!と思ったのですが、私の生活スタイルの変化に伴って、新たな旅行中の必需品ができていました。ヨガマットです。


毎日、何らかのエキササイズをする習慣が、現在では完全に定着しています。ヨガスタジオやピラティスに行かなくても、自宅でコーヒーテーブルの前の床に座るだけで、自然に腰をひねったり脇を伸ばしたり、いろんなことをやっている。もし、これが1週間できなかったら、とても困る。


ハワイのホテルではビーチタオルを貸してくれるので、それをホテルの床に敷いてストレッチをすることも考えましたが、ホテルの床がどれだけ固いか分からない。(もしすごく硬かったら、背骨が痛くて仰向けになれない。)また、そもそも体を拭くことを目的として貸していただくタオルを、土足で歩くことを前提とする洋室の床に、直接広げるのも申し訳ない。


そこで、旅行直前に、思い切って旅行用のヨガマットを購入しました。広げたら普通のヨガマットと同じ大きさで、折り畳むと縦30センチ、横25センチ、幅4センチ。柔らかめの素材で、スーツケースの隙間に押し込みやすいですが、それでも嵩張ります。服を減らし、何とか機内持ち込み範囲内に荷物をまとめました。


お気に入りのスーツケース、折りたたんだヨガマットと、モーニングページ用のノート。


このヨガマット、持って行ってよかった物のナンバーワンになりました。


リラックスを1番の目的に出かけたハワイ滞在でしたので、スケジュールは感謝祭当日のターキーディナー以外、ほとんどなし。日中の日差しの強い時間帯は、ホテルの部屋でゆるりゆるりと過ごしました。


窓を全開にしてカーテンを閉めると、薄暗い部屋に少し湿った暖かい風が吹き込んでくる。カーテンの裾が風で揺らめく。床にヨガマットを敷いてその上にビーチタオルを広げる。ごろっと寝転がって目を閉じると、子供の頃の、夏休み中のお昼寝を思い出しました。


タオルの上で、のんびりと好きなだけ、ヨガのポーズをする。自宅なら家具に当たりそうで、その都度立ち位置などを調節するポーズも、余分なものが何もないホテルの部屋なら、全然気にしなくていい。ピラティスのコア(体幹)エキササイズもやってみる。普段は面倒がってすっ飛ばしがちな、床でやるコアエキササイズも、時間がたっぷりあると思ったら丁寧にやれる。


朝のモーニングページは、このヨガマットにビーチタオルを広げた上に座って、コーヒーテーブルに向かってやりました。(実は時差ボケで毎朝はできなかったですが。)(電子レンジで〈白湯もどき〉も準備できました。)自宅でやっている生活を、そのままこの南国のホテルの部屋へ持ってきたような感じ。最高に快適でした。



今日のリリィ。今朝、私の目の前で、まるで当然の事のようにチェンバロの上へ登っていかれました。私の留守中に登ることを覚えたわけね、賢いやつ。楽器の上に登ってもらっても良いものかどうか、ちょっと検討中です。




では皆様、今日も良い1日になりますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。