毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

琺瑯のミルクパンが来ました

こんにちは、あんです。
生まれて初めて琺瑯の鍋を手に入れました。



野田琺瑯のミルクパンです。家人が私に内緒で日本から取り寄せました。このブランドの話をしたこともなかったのに、私のイメージにどんぴしゃりの、しかも野田琺瑯の品が届き、おおおっと見直してしまいました笑。


これまで、調理に使用する鍋類はステンレス製が主でした。琺瑯の鍋はなんとなくお手入れが大変なイメージがあり、きっとそれで持ったことがなかった。この小ささでしかも毎日使うものなので、毎回きっちりお手入れをして大事に丁寧に使えそうで、なんだかそれだけでわくわくします。


それまでは、コーヒーを温めなおすのと、添える豆乳を温めるのに、普通の小ぶりの鍋が大活躍でした。胴の部分がステンレスで底が銅の鍋、注ぎ口もありませんでしたが、もうそれでずっと使って来たのでなんとも思っていなかった。蓋もついてて保温もできるし埃も入らないし。(ミルクパンって蓋ないですよねえ、なんでだろう…。) ただ、唯一地味に気になっていたのが、温まった飲み物を注ぐために鍋を傾けると、鍋肌に当たった液体がしゅわしゅわと音を立てて小さく弾けて周りに飛び散り、鍋肌も焼け付くこと。焼けつくのはステンレスのたわしで軽く擦ればすぐ取れるし、飛び散ることもわかっているのですぐ拭けば済む話で全然よかったんですが。


なんと、琺瑯だと内容物が飛び散らないということを、これまで知りませんでした。初めてこのミルクパンから注いだ時、その静かさに本当に感動しました。


ころんとした形の綺麗な白と、木の取っ手が本当に可愛いミルクパンです。日本からたった1人で、小さい箱にきちっと入って我が家を目がけて配達されて来ました。毎朝取り出すたびににんまりとしています。日に何度も火にかけるので、使うたびに丁寧に洗い、きっちり拭く。つられて他のいろんなキッチンでの作業も、きっちり丁寧になったような気がします。良いことだ。


お隣のレリンちゃんです。うちの玄関先の陽だまりで、少々寒そうに丸くなっていたので、宅急便の段ボール箱の適当に穴をくり抜いたのを置いてやったら、お日様が当たっているときはいつもここに居るようになりました。



上が大きく開いていないのは、たまにやってくる他所の猫ちゃんに追い込まれた際に、引っ掻かれないようにさっと隠れて欲しいためです。時々このポーチですったもんだして、ふううーっとかどたんばたんが聞こえ、うちのリリィが家の中からやきもきして居るのを見るのも可愛い。


リリィは今日ものんびりです。



では皆様、今日も穏やかな良い1日をお過ごし下さい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。