毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

1日だけのインディアンサマーでした

こんにちは、あんです。

月曜日は、今年1番の暑さかと思うくらい暑い日でした。この辺りでも最高気温が30度以上になりました。いわゆるインディアンサマー。


夕方帰宅したら、家の中が熱気でむんむん。帰宅途中に、人々が家の外で涼んでいるのをそういえば見たなあ。なるほど、家の中は暑いからみんな外にいたんだ。猫の所在をまず確認し、家中の電気を消して歩く。スピーカーとかの小さい電気も、暗い中ではかなり明るいから侮れない。電源を切る。そして、唯一窓に網戸が付いているキッチンに小さいキャンドルの形の灯りを1個だけ点け、その他の灯りを一切消した後、家中の窓を開けました。外は薄暗くなりかけ、絶対蚊がいる。でも、窓を開けずにはいられない。網戸のない窓を夜全開にするのはかなり勇気がいりました。(ちなみに家人は外出中、ラッキー👍)。


床に居るリリィの高さまで低くなってみたら床の方もかなりあったかい。扇風機を風が低い位置へ動くように設定し、外気の涼しい空気をできるだけ速く家中に通す。


自分用の簡単なアペタイザーを準備して、小さい灯りの側でいただきました。サラミとチーズと、炭酸水で割った赤ワイン。だんだんと真っ暗になってくる外の景色をじっとずっと見ているのも、たまにやるといい感じです。(他にすることがないし、暗かったのでいつの間にか食べ過ぎたのは言うまでもなく笑。)


とっぷりと日が暮れると、それでもすうっと涼しくなる。やっと網戸の付いていない窓は閉め、普通に灯りをつけて、通常の生活へ戻りました。それだけのことなのに、何かとても特別な日を過ごしたような、ちょっと一瞬小旅行でもしてきたような、嬉しい感じです。



実はオチがあって、翌日の火曜日は日中暖かかったですが午後3時くらいから久しぶりに霧。初めの霧笛が聞こえた時はまだこの辺りは快晴でのんびり構えていたのに、午後6時にもなると霧が強い風に押されて白いモンスターみたいに水滴と一緒に通りをのたうち回り、午後8時には気温が10度を下回りました。月曜の晩はシーツと薄いブランケットだけで、暑い暑いと言いながら空気清浄機のファンを回したまま寝たのに、火曜日の晩はお布団にブランケットを重ねて、寒くて震えながら眠りにつく状態。そして水曜の今朝、のどがいがらっぽくて目が覚めました。嫌だ〜ここで風邪ひいたら、夏風邪はなんとかがひくになっちゃう〜笑。


今日のリリィ。彼が日中ご機嫌で動き回っている時は手元にカメラがなくて全然写真を撮っていなくて、いざ撮ろうかと思う時には、大抵ベッドの上でまったり状態。代わり映えしませんが、ままはまだベッドに来ないの?早くしてくれる?眠いんですけど〜という表情いっぱいのリリィです。




では皆様、今日もお元気で、良い1日をお過ごしください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。