毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

懐かしい灯り

こんにちは、あんです。

お気に入りだったテーブルランプを久しぶりにセットしました。



私のランプになって15年ほどです。高さ40センチ、傘の一番広いところの幅が25センチほどの、小ぶりのランプ。入れられる電球の最大ワット数は60ワットで、いつももっと暗めの電球を入れて、読み書き用というよりは補助のランプとして使っていました。


今の家に越してからはなんとなく置き場所が定まらず、また引越しのドサクサにもともと入れていた電球がどこかへ行ってしまい、使用しないままチェンバロの譜面台の横に置いていました。


2週間ほど前から、このランプに電球をセットしたい病になり、それでも歩いて3分のホームセンターにさえ出かけるチャンスを作らずにいましたが、やっと今日、買ってきました。


ランプの傘の布の質感が好きなので、電球は透明なのを選びました。最大ワット数の60ワットと明るめ。早速ランプにセットし、灯りを付けてみる。綺麗な暖かい色の小ぶりの光の輪が現れました。やっぱり思った通りいい感じ、お前はやっぱり私のとってもお気に入りのランプだったね〜と心の中で語りかける。


最近座るようになった床のラグの前の、コーヒーテーブルの上に置いてみる。ここにランプがあると、暗くなってからもここで手作業ができるなあと思いついたのが、最近急に電球をセットしたくなったメインの理由。


コーヒーテーブルに置いて眺めたら、なんだかノスタルジックな気分になりました。


ああこのランプ、ずっと電球入れて欲しかったんだろうなあ。1年半以上、待たせてしまった。ずっと出番を待ってたんだろうなあと思う。断捨離とは行かないまでも、一時は貸し倉庫行きを考えた事もあった。手元に置いておいて本当に良かった。


コーヒーテーブルの前の床に座ってみる。このところ本当に日が短くなり、灯りを点けると特に窓の外の日が翳った感じが際立ちます。なんだかここにずーっと座っていたい気分。


これまでは夕食後は入浴までキッチンでゆっくり過ごしていましたが、これからは、夕食の後はさっさとするべき事を済ませて、このランプの所でくつろぐ時間を作りそうな予感がします。


今日のリリィ。私が珍しく夕方に南に部屋の床に座ってごそごそやっているので、彼もまだベッド(人間用の)へは行かず、いつものソファに丸くなっています。彼もこのランプの光は好きなはず。お姉ちゃん猫がいた頃はいつもこのランプがついた部屋に2人でいましたから。



それでは皆様、今日も穏やかな良い日でありますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。