毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

良い空気を吸って良いため息をつく

こんにちは、あんです。
昨日の夕方、陰ヨガのワークショップへ行ってきました。


インストラクターはいつもクラスを取っているいい声のレイニー。いつものクラスは大体1時間半ほどですが、前回(6月)に引き続き2時間のワークショップです。



またまた素晴らしいクラス。帰宅後、ほとんどばたんキューでした笑。


陰ヨガは、特に基本的に床にずっと座ったり横になったりしているので、2時間ポーズを連続して行っていても、力加減や気持ちの入れ方によっては楽ちんで終わらせることもできます。逆にポーズ1つずつを丁寧に、しっかり効くように体の重みを使い、ずっと気持ちを自分の内側へ集中させていると、かなり疲労する。


昨日の私はちょっと気合が入っていたかもしれず、良い気分でクラス終了後電車に15分ほど揺られて帰宅し、小腹を満たすためにアペタイザーを準備しキッチンの椅子に座ったら、どっと疲労感が出ました。帰宅したらミートソースを作ろうと思って材料はすべて揃えていたのに、何だかもう立ち上がって野菜をみじん切りにする気分にならず、もういっか〜と、作り置きのチリコンカンを温めてそれが夕飯になりました。(似たようなもんやし。)


1時頃の就寝後今朝8時頃自然に眼が覚めるまで、1回も起きませんでした。以前何だか眠りが浅く、毎晩のように夜中に2、3回起きていた頃に比べたら大違いです。やっぱり、ヨガってすごい。


前述したように、陰ヨガは、普通のヨガに比べるとほとんど横になっているので、重力による体への負担が少ない。その分呼吸に意識を向けることができます。私は、ヨガのポーズをやりながらだんだん身体が柔軟になったり、しっかり両足で立っている感を得られるようになったことも嬉しいのですが、それよりも一番陰ヨガをやってて良かったなと思うのは、深い呼吸ができるようになったこと。


良い空気を、お腹いっぱい、胸いっぱい、頭いっぱいにゆっくり吸い込む。いつでもどこでもできます。リラックスして、おへその下に手のひらを置いて、ゆ〜〜っくり鼻から息を吸う。ため息をつくように口からゆっくり息を吐く。次に胸骨の横や鎖骨の辺りに手のひらを当てて、またゆーっくり鼻から息を吸う。あばらが開くように。で、ゆっくりため息をつく。次に頭のてっぺんに息が入ってくるイメージでゆっくり息を吸う。ゆっくり大きくため息をつく。


息を吐くときは、ふうううううううっと声を出すと良いです。はああああああっとか。柔らかなリラックスした声で。声を出すことによって、身体が"あっ今リラックスして良いんだ!"と気がついてくれます(ほんとです笑)。



今日のリリィ。もうご機嫌が良くて良くて、じっとしててくれません。やっと撮った写真です。





今日も皆様の1日が良いものでありますように。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。