毎日幸せを感じるために

幸せをもっともっと感じるために、毎日の気づきを書いていきたいと思います。

1年続いていたモーニングページ

こんにちは、あんです。
モーニングページのノートが13冊目になりました。





ジュリア・キャメロンが奨励している、毎日起き抜けにノートに3ページ、手書きで好きなことを書くというモーニングページ。昨日新しいノートになり、あらそういえば、この習慣を始めたのって去年の今頃じゃなかったかなと、第1冊目を引っ張り出してみたら、開始日は去年の7月31日でした。


彼女の著書、アーティストウェイ(The Artist's Way、邦題: ずっとやりたかったことを、やりなさい)を読み始めたのがきっとその日です。ほとんど序文くらいの段階で、内容に引き込まれて自分の目と本がロックされたみたいになった不思議な感覚を思い出します。ゾーンに入った、という感じ。


そして、この本を読み始めたら、モーニングページを始めずにはいられません笑。


私の場合、始めは3ページがなかなか書けませんでした。気分がのればさっとかける日もあったかもしれないですが、ほとんどの日が、書いては止まり、思考を巡らせ、また戻り、という繰り返しで、3ページに2、3時間かかっていたと思います。 私の心に、整理できないたくさんの思考が溜まっていた。(今思えば、3時間も時間を割いていた(割けていた)こと自体がすごいかもしれない。) 


使っているペンに文句を言う(書く)こともあった笑。このペン描きにくい〜と何度書いたことか。(ペンさんごめんなさい。オフィスに備品で置いてあるような普通のペンですがとても書きやすくて、その後バルク買いしました。)


起床してもう既にあまりいい気分でない時(前日に引き続き怒ってたりとか悲しんでたりとか)は、書く気にさえならない日もあった。(こんなの書いて何になるん!と朝一でさらに怒っている私。) でもそこで何でもいいので書けば、気分が落ち着くということも、やっているうちに体感できてきました。逆にそこで書かなかったら更にもやもやな気分になって、しまった書けば良かった、と思った日も。それがパターンだと解ってからは、何か物事が上手く回っていない気がするときに、朝ベッドで横になったまま無理やりやけくそで書いた日もあります。(きっとこれはまたやると思う。)


そんなこんなでも、気が付けば1年続いてたモーニングページ。今私が日常的にやっていることは、このブログもヨガも何もかも全て、やってて良かった〜と思えることばかりですが、モーニングページも私のやってて良かったリストのトップテンに入ります。


アーティストウェイの本の始めの方に、自分でハイライトをつけている箇所を見つけました。まだその頃本に直接線や字を書き込んだりする習慣を持っていなかったのに、それでも書き込んだのはよっぽど心惹かれたに違いないな〜と思う。おそらく本文そのまま紹介は出来ないと思うので少しだけ。


…(日々の様々な出来事を)思い煩らう気持ちが、私たちの潜在意識の中に渦巻き、日々の活動の邪魔をしているのだ。それをモーニングページに書き出してみよう。


何度も書いててしつこいですが、お薦めです。



昨日のリリィ。もう起きてるときにカメラを向けるとじっとしてくれませんが、久々に撮れたじっとしている写真。



それでは皆様、今日もご機嫌な良い1日をお過ごしください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。